仮想通貨について、IT及び情報通信機器の取り扱いや小包等運送、介護事業の内容ご紹介案内です。ホームページ作成、仮想通貨


ページの下部へ  

仮想通貨について




仮想通貨とは何でしょうか。
ネットの普及で爆発的に世界的に広く使用されていますが、良く分からないかもしれません。 それもそのはず。世界中に様々な種類の仮想通貨があり、 すべて同じ方式で作られているとは言えないからです。
そこで、市場シェアが最も大きいビットコイン(Bitcoin)を例にしてみます。

スポンサーリンク


海外旅行するとき、円のままでは何かと不便です。 そこで、米ドルやユーロなどに両替します。 両替手数料が安いところを探すのに苦労するかもしれません。

しかし、仮想通貨のビットコインでは両替不要です。なぜなら、 全世界のユーザーがビットコインを使っているからです。 今持っているビットコインを、アメリカでもイギリスでもドイツでも、 どこでも利用可能です。 (店舗や相手がビットコインでの支払いに応じてくれれば、という条件付きですが)。
もちろん、米ドルや円に換えたければ、交換できます。 しかし、ビットコインのまま使うこともできます。

ビットコインには、上記のこと以外にも特徴がたくさんあります。 便利な点もあれば、注意すべき点もあります。
そこで、株式投資とFXを比較対象にして、ビットコインのメリットとデメリットを理解しましょう。 株式投資などと比べるとき、ビットコインにはどのような特徴があるでしょうか。 比較しておくと、今後の理解の助けになるかもしれません。

仮想通貨・ビットコインの特徴

特定の管理者はいません。
円は日本国が管理しています。米ドルもユーロも、管理する機関があります。 しかし、ビットコインは特定の誰かが管理しているのではありません。 利用者全員で管理しています。
これが大きな特徴です。

インターネット上のデータです。
ビットコインは、インターネット上のデータです。 ですから、お札やコインのように手に取って見ることができません。

仮想通貨と電子マネーの違いとは、
日本で普及している楽天Edyやsuica、nanacoといった、 「電子マネー」と同じ物だと連想するかと思いますが、電子マネーとは明確に違う性質を持っています。

・電子マネーには発行元、管理先が存在しますがビットコインやアルトコインには発行元、管理先が存在しないです。
・電子マネーには換金性がありませんが、ビットコインやアルトコインなどは換金できます。

データを二次元バーコードにして、 紙にプリントアウトして使うことは可能です(コールドストレージ)。 しかしそれは、紙そのものが仮想通貨なのではなく、紙に印刷されたデータがビットコインです。 最近は、スマホでよく買い物や支払い、海外留学している子供に送金しています。 (銀行の海外送金手数料より安いです。)


スポンサーリンク




ところで、仮想通貨のことで、ネットで調べていましたら、お客様の資産の安全性向上のための2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。
①二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償
②当社へのサイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険
がありました。

おススメ仮想通貨取引所 ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




スポンサーリンク



おススメ仮想通貨取引所 ↓ 海外日本語対応サイト

Ethereum / BTC送金で取引でき、日本の取引所よりコインの種類が多く、手数料も安いです。日本の取引所から送金、受金できます。



手数料が一番安い、おススメ仮想通貨取引所 ↓海外サイト

BINANCE(バイナンス)取引所"

BINANCE(バイナンス)の登録に、メールアドレスと パスワードのみで取引所に開設できます。

取扱い通貨ペアが165種類と多く、今もICO新規コインやフォークコインの上場・取扱いがどんどん増えてます!

取引はできますが、出金に関して通常24時間以内は、2BTCまで制限されています(Lv.1)。

より大きな資金の移動を検討されている場合は、身分証明書を提出することで出金制限を解除できます(Lv.2)。


「Ledger Nano S」に仮想通貨を保管しておけば取引所のハッキング問題が 起きても何も関係なくなりますし、オフラインなのでハッキングの心配もありません。
資産を守るためにも是非「Ledger Nano S」を必ず買っておきましょう。
ハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」以外にも 「Ledger Blue」(レジャーブルー)とか「Trezor」(トレザー)とか色々ありますが、
「Ledger Nano S」が価格と機能面のバランスが1番優れているので 「Ledger Nano S」が個人的にはおすすめです。
▼「Ledger Nano S」で保管できる仮想通貨は以下です。▼
Bitcoin(ビットコイン:BTC)
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ:BCH)
Bitcoin Gold(ビットコインゴールド:BTG)
Dash(ダッシュ:DASH)
Dogecoin(ドージコイン:DOGE)
Ethereum(イーサリアム:ETH)
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック:ETC)
Litecoin(ライトコイン:LTC)
Stratis(ストラティス:STRAT)
Zcash(ジーキャッシュ:ZEC)
Ripple(リップル:XRP)
Ark(アーク:ARK)
Ubiq(ユービック:UBQ)
Expanse(エクスパンス:EXP)
PIVX(ピヴクス:PIV)
Stealthcoin(ステルスコイン:XST)
Vertcoin(ヴァートコイン:VTC)
Viacoin(ビアコイン:VIA)
Neo(ネオ:NEO)
Stellar(ステラ:XLM)
Digibyte(デジバイト:DGB)
HCash = Hshare(エイチキャッシュ = エイチシェア:HSR)
Qtum(クアンタム:QTUM)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)で保管できるトークン全て 「Ledger Nano S」はAmazon、楽天、Yahooショッピング、オークションサイト、フリマアプリ、 などでも買えますが、これらのサイトで「Ledger Nano S」を購入した場合、 ウイルスが仕込まれている場合があり、資産を根こそぎ盗まれてしまう可能性があります。
「Ledger Nano S」公式サイト、または「Ledger Nano S」公式日本正規代理店サイトで
購入するほうが確実に安全です。
ただ、「Ledger Nano S」公式サイトから購入すると4月からの発送になるので自宅 に届くのが超絶遅いですが、「Ledger Nano S」公式日本正規代理店サイトで あれば7~21日くらいで届きます。
ご自身の資産ともなる大切な仮想通貨を一刻も早く取引所から ハードウォレットへ移行させるためにも、届くのが遅い「Ledger Nano S」 公式サイトから購入するのではなく、届くのが早い 「Ledger Nano S」公式日本正規代理店サイトから購入するようにしましょう。
「Ledger Nano S」公式日本正規代理店サイトは「株式会社EarthShip」という 会社が運営していて、日本語で全てしっかりと丁寧にサポートしてくれますし、 故障しても対処してくれます。

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

「Ledger Nano S」は最悪本体が盗まれても、秘密鍵さえ盗まれなければ資産が奪われることはありません。

    

ライフサイエンス株式会社サイト一覧です。

 
ライフサイエンス株式会社サイト一覧です。
ライフサイエンス株式会社

ライフサイエンス株式会社 


ライフサイエンス株式会社 事業内容 


ソリューション 


お問合せ 窓口 


個人情報保護 


デモ テンプレート スタート ページ 


 


 


GPC(graphics processor coin)という仮想通貨 


仮想通貨 


    

ライフサイエンス株式会社